初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら
初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

 休診日:木曜・日曜・祝日

頚椎椎間板ヘルニア頚椎椎間板ヘルニア

頚椎の椎間板が後方へ突出し、それによって神経根や脊髄が圧迫された状態です。神経根が圧迫されれば、頚部痛や上肢痛、上肢のしびれ、上肢の脱力などが出ます。(神経根症)首を横や後ろに曲げたときに頚部から上肢への痛みが増強するようであれば神経根が圧迫されている可能性が高いと思われます。

また、脊髄が圧迫されれば、巧緻運動障害(手で字が書きにくい、ボタンがつけにくいなど)、上下肢のしびれ、歩行障害などが出ます。頻尿、残尿感、尿閉、便秘などの膀胱直腸障害が出ることもあります。(脊髄症)

診断

診断はMRIによって行われます。単純X-Pで椎間板腔が狭くなっていることで、ヘルニアが存在する可能性はありますが、確定診断は出来ません。椎間板腔の狭小化を伴わない場合もあるため確定診断にはMRIが必要です。

神経根症のみの場合はかなり外側で圧迫されている場合もあり、MRIの水平断画像を2mm程度のうすいスライスで撮影してはじめて、責任病巣が発見される場合もあります。また、ヘルニアが存在しても、必ずしも責任病巣ではない場合もあり、診断には神経所見とMRI画像の一致が必要です。

治療

治療は、NSAIDsやステロイドなどの消炎剤や、神経障害性疼痛の治療薬であるリリカなどの投薬治療や頚椎カラーなどにて治療しますが、これらの治療で改善が得られない場合や、脊髄の圧迫が強く進行性の場合、また日常生活にかなりの支障を来している場合は手術療法を検討します。手術には、前方法と後方法があり、さらに前方では固定をする方法や固定をしないでヘルニアのみをとる方法などがあります。

また、顕微鏡を使って手術する方法や内視鏡を使って手術する方法などに分けられます。

当院に通院されている方で、手術が必要となった場合は、石岡循環器科脳神経外科病院に入院して頂き手術を行います。前方法で、顕微鏡を用いて固定術を行う場合が多いと思われます。ただし、再発例や何らかの原因で前方法はさけたほうがいい場合もあり、そのような場合は後方法で手術します。

症例によっては、経皮的に内視鏡下で手術を行う(PED)場合もあります。前方固定術にかかる時間は1レベルであれば約1時間半程度です。麻酔の時間も含めると2時間半程度になります。C6/7の頚椎椎間板ヘルニアでC7の神経根症状で非常に痛みが強く、日常生活に支障を来し、薬剤が効かず前方除圧固定術を行った症例を呈示します。
前方固定術
拡大画像をみる

医院概要 医院概要

医院名 おおくぼ脳脊椎クリニック
診療科目 脳神経外科・内科
住所 茨城県土浦市並木5-4079-1
電話番号 029-832-8732
診療時間 日祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:30 - -
[休診日] 木曜日・日曜日・祝日
常磐道の土浦北インターを土浦方面に下りてすぐ(車で約1分)
◆土浦方面からお越しの方へ

ガソリンスタンドENEOS土浦北インターSSの道(125号線)を挟んで反対側です。

◆土浦駅からお越しの方へ

常磐線土浦駅からタクシーで約10分です。

Topへ
copyright©おおくぼ脳脊椎クリニック All rights reserved.