初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら
初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

 休診日:木曜・日曜・祝日

腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板が後方に突出し、硬膜管や神経根が圧迫された状態で、腰痛下肢の痛みやしびれが生じます。硬膜管がひどく圧迫されて、硬膜管内の馬尾神経の圧迫が強くなると、尿が出にくくなったり、便が出しにくくなったりする場合もあります(膀胱直腸障害)。また、神経根の圧迫によって下肢に麻痺が生じる場合もあります。

麻痺の出る部位や痛み、しびれの部位はどの位置の神経根が障害されたかによって違います。ですから、どこが麻痺しているか、どこに痛みがあるか、しびれがあるかなどによって、ある程度ヘルニアの部位を推測することは可能です。

診断は、神経学的所見を取り、MRIを行うことによって確定します。神経学的所見とMRIの所見が一致しない場合もあり、その場合は他の原因も考える必要があります。

下肢の麻痺などは、末梢神経障害(腓骨神経麻痺など)でも出る場合があります。痛みだけなら仙腸関節障害や梨状筋症候群なども鑑別にあがります。

外側型のヘルニアは非常に見落とされやすく、MRIの冠状断で神経根とヘルニアの関係をみたり、外側型ヘルニアのあやしいと思われる部分でMRIの水平断を2mm程度の薄いsliceで椎間孔内外での神経根とヘルニアの関係を確認する必要があるでしょう。

外側型のヘルニアは神経根の後根神経節が圧迫され、痛みが激烈な場合が多い印象ですが、MRIで見落とされることもままあります。

治療は、NSAIDやステロイド、リリカなどの内服による治療、神経根ブロック、硬膜外ブロックなどのブロック治療を行い、改善がみられず、日常生活に支障を来している場合は手術を検討します。また、麻痺が出た場合や、膀胱直腸障害が出た場合は速やかに手術した方が症状の改善はいいと思われます。

手術には、顕微鏡を用いたmicro Love法や、内視鏡を用いたMED、経皮的内視鏡を用いたPEDなどがあります。皮切の大きさは、micro loveで3-5cm、MEDで2-3cm、PEDで6-8mmと手術侵襲はPEDが圧倒的に少ないと思われます。PEDはいわゆるレーザー治療(PLDD)とは違い、ヘルニアそのものを摘出するため、大きなヘルニアも摘出可能です。以下、PEDで手術したヘルニア症例を呈示します。

経皮的内視鏡下椎間板摘出術=PED
拡大画像をみる

医院概要 医院概要

医院名 おおくぼ脳脊椎クリニック
診療科目 脳神経外科・内科
住所 茨城県土浦市並木5-4079-1
電話番号 029-832-8732
診療時間 日祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:30 - -
[休診日] 木曜日・日曜日・祝日
常磐道の土浦北インターを土浦方面に下りてすぐ(車で約1分)
◆土浦方面からお越しの方へ

ガソリンスタンドENEOS土浦北インターSSの道(125号線)を挟んで反対側です。

◆土浦駅からお越しの方へ

常磐線土浦駅からタクシーで約10分です。

Topへ
copyright©おおくぼ脳脊椎クリニック All rights reserved.