初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら
初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

 休診日:木曜・日曜・祝日

高血圧症高血圧症

現在、高血圧症の方は日本で約4000万人であり、生活習慣病の中で最も多い疾患です。
高血圧症には、本態性高血圧症2次性高血圧症があります。高血圧症の方の場合まず、2次性高血圧症でないかを調べる必要があります。

2次性高血圧症が否定された場合、本態性高血圧症という診断となります。本態性高血圧症は全高血圧症の90~95%です。2次性高血圧症が5~10%あることを忘れてはいけません。2次性高血圧症の原因としては1)腎性高血圧症、2)内分泌性高血圧症、3)血管性高血圧症、4)神経性高血圧症、5)その他に分けられます。

1)は腎実質性高血圧症、腎血管性高血圧症(腎動脈の狭窄)で全高血圧症の2~5%です。

2)は下垂体腫瘍(下垂体ホルモン産生腫瘍)、甲状腺機能亢進症、原発性アルドステロン症、Cushing症候群、褐色細胞腫です。全高血圧症の1%です。

3)は大動脈炎症候群、大動脈縮窄症(先天性)です。

4)は脳腫瘍、脳出血、脳炎、椎骨動脈による延髄の圧迫などです。

5)は妊娠中毒症、薬剤誘発性(甘草、ドーパミンアゴニスト、NSAIDs、ステロイド、抗うつ薬など)、Liddle症候群、睡眠時無呼吸症候群などです。これらが除外され初めて本態性高血圧症と診断されます。特に35才未満で高血圧症を発症した方は、充分な検査が必要と思われます。

高血圧症は、それ自体ではほぼ症状を伴いません。いわゆるサイレントキラーです。しかし、放置すれば、動脈硬化が進行し、脳血管障害や心筋梗塞、心不全などを来すため、十分なコントロールが必要となります。

治療としては、充分な減塩(1日6g以下)、節酒、禁煙は必要ですが、薬物療法も重要です。高血圧症の薬には、Caブロッカー、ARB(アンギオテンシン受容体拮抗薬)、ACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害薬、βブロッカー、利尿剤、αブロッカーやそれらの合剤などがあり、状況に応じて使い分けます。治療目標は140/90mmHg未満ですが、慢性腎臓病、心筋梗塞や脳梗塞後の方は130/80mmHg未満を目指します。

医院概要 医院概要

医院名 おおくぼ脳脊椎クリニック
診療科目 脳神経外科・内科
住所 茨城県土浦市並木5-4079-1
電話番号 029-832-8732
診療時間 日祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:30 - -
[休診日] 木曜日・日曜日・祝日
常磐道の土浦北インターを土浦方面に下りてすぐ(車で約1分)
◆土浦方面からお越しの方へ

ガソリンスタンドENEOS土浦北インターSSの道(125号線)を挟んで反対側です。

◆土浦駅からお越しの方へ

常磐線土浦駅からタクシーで約10分です。

Topへ
copyright©おおくぼ脳脊椎クリニック All rights reserved.