初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方でインターネットでの事前申込みをご希望される方はこちら
初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら 初診の方で電話での事前申込みをご希望される方はこちら

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

 休診日:木曜・日曜・祝日

視力・視野の異常視力・視野の異常

ここでは、脳神経外科と関連性のある、視力障害、視野障害についてお話します。

まず、視力、視野障害を考える上で、視覚路を理解する必要があります。眼球(網膜)から始まり、視神経、視交叉、視索、外側膝状体を経由し、側頭葉内内側から視放線が出て後頭葉内側に終わります。この間、右眼の左側の網膜に写った像は、視交叉で交差して最終的に左後頭葉に到達します。右眼の右側の網膜に写った像は、視交叉で交差せず、そのまま右後頭葉に到達します。左眼でも同様に、網膜から入った像が交差して後頭葉に到達します。そのため、眼球から後頭葉までのどの部位が障害されたかによって、視野障害の出方が違います。

一側の視力障害が出た場合は、眼球から視神経までの障害ということが分かります。
両側性の視野障害の場合、視野障害に出方により、病変部位が推定されます。両耳側半盲(中心は見えても両外側が見えない)では、視交叉の病変であり、下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫、鞍結節髄膜腫などの脳腫瘍の可能性が高くなります。同名半盲(片側は見えるが、その反対側はみえない)の場合は、視索から側頭葉、後頭葉の病変が考えられ、突然の場合は脳内出血や脳梗塞などの脳卒中によるもので、徐々に出現した場合は脳腫瘍などが考えられます。

脳神経外科領域と関係のある視力低下に一過性黒内障発作うっ血乳頭があります。一過性黒内障発作は一時的に一側の視力が低下するものであり、網膜中心動脈閉塞による症状の可能性があり、頸動脈狭窄症などに伴い、血栓が網膜中心動脈に飛んでいき一時的に閉塞を起こし再度流れた可能性があり、頭部MRI、頭部MRA、頚部MRAなどを行い、脳梗塞を起こしやすい状態ではないか精査する必要があります。

うっ血乳頭は、脳腫瘍や脳卒中などにより、脳圧が亢進し、視神経乳頭が腫脹し視力低下を来すものです。うっ血乳頭が確認されれば、頭部MRI検査を行う必要性があるでしょう。
また、典型的片頭痛の前兆として、閃輝暗点や視野障害が出現する場合もあります。
視覚路
拡大画像をみる

医院概要 医院概要

医院名 おおくぼ脳脊椎クリニック
診療科目 脳神経外科・内科
住所 茨城県土浦市並木5-4079-1
電話番号 029-832-8732
診療時間 日祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:30 - -
[休診日] 木曜日・日曜日・祝日
常磐道の土浦北インターを土浦方面に下りてすぐ(車で約1分)
◆土浦方面からお越しの方へ

ガソリンスタンドENEOS土浦北インターSSの道(125号線)を挟んで反対側です。

◆土浦駅からお越しの方へ

常磐線土浦駅からタクシーで約10分です。

Topへ
copyright©おおくぼ脳脊椎クリニック All rights reserved.